2020年シーズンのH1GPXを占ってみる。どんな大戦略が必要なのか!?

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

 

先週末の釣りフェスティバルは盛り上がってましたね!

自分も足を運びましたが、今年は個人的に豊作の年で、CFO(嫁)と相談が必要です…。

 

そしてそんな中、今シーズンのH1GPX(H1グランプリ)のスケジュールも発表されましたね!

今年はフル参戦を考えているので、どうやってマネジメントしていくのか、ちょっと考えはじめています。

今日はそんなお話です!

 

それでは行ってみましょう!

TwitterFacebookInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

2020年シーズンのH1GPXスケジュール

 

フィールドはいつもと同じかぁ〜なんて思いきや、まさかの野尻湖開催が発表されるという…。

▼H1GPX2020スケジュール

  1. 04/05:相模湖
  2. 05/31:牛久沼
  3. 06/21:津久井湖
  4. 08/30:野尻湖
  5. 09/13:新利根川
  6. 10/04:亀山湖

 

個人的には野尻湖は、今までの釣り人生の中で訪れたことがありません。

野尻湖のさらに山の上にある希望湖には良く行っていたのですが…。

 

うーむ。

さっそく自分のワイルドサイドのラインナップに、WSS64MLを入れないと!と焦っております。(たぶんそういう問題じゃないw)

ただでさえ欲しい番手が多いのに、困ってます…w
林晃大プロのところに弟子入りしないとです!(笑)

▼今ある手持ちのワイルドサイドのラインナップとセッティング↓

 

思いっきり房総リザーバー仕様に偏っているので、このあたりをいろんなフィールドにアジャストさせる必要アリですね…w。

このあたりは、いろいろと妄想が膨らむので考えているだけで楽しいのです。

最近は引越し準備にかまけて、なかなかフィールドに出ることが出来ていないのでなおさらなのかもしれません。

来週末はやっと釣りに行ける!

 

10周年企画は関東を飛び出す、野尻湖でのペアトーナメント開催!

希望湖のある斑尾高原から見た雲海
雲の下に野尻湖がありますw

そしてこの野尻湖戦、なんと10周年特別企画となっており、ペアトーナメントのようです…。

 

 

えぇ。

 

 

 

今日のブログに大戦略と大げさなタイトルを付けましたが、、、

 

 

 

なぜか。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

こんなゴミクズ最弱雑魚と組んでくれる方など、この世に存在しない!(泣)

 

 

 

と、涙目になったからに他なりません…。(泣)

 

 

(組んでやってもいいぜ!なんて奇特な方がいらっしゃいましたらコッソリ教えて下さいw)

 

 

これは今年のH1GPXをフル参戦する上で、最大の戦略課題かもしれません…w。

 

 

うーん。

この日までに釣りの腕が劇的に上がるとも思えず、非常に難題ですw。

 

 

レギュレーションが、ラージマウスバスの総重量となっているので、スモールマウスバスは入らないのか?など、このあたりもどうなんだろうなぁと。

このあたりは、ちょっと情報を集めに行ければと考えております。

いずれにしても、公式アナウンス等がありそうですね!

※もし先週の釣りフェスティバルのH1GPXブースなどで情報を掴んでいる方がいましたら、ご教授頂ければと思います!この部分は訂正して追記させて頂ければと思います!

 

苦手なフィールドの克服が課題

ボートセッティングや収納系も、もっとスマートにシステマチックにしていきたい

これは、昨年の新利根川戦にて思い知らされました…。

 

リバーフィールドとマッディーシャローレイクを、どうやって克服していくのかが大きな課題として残っています。

 

▼昨年の新利根川戦の様子はコチラ↓(ただのデコ記録)

 

これに関しては、フィールドに通わないとダメかなと思っています。

当たり前のことかもしれませんが、フィールドの特徴や癖などは全然把握できていません。

ここに関してはアナログで愚直なやり方かも知れませんが、通うというのが正解なのかなと。

 

ただ、スケジュール的に大きな課題もあり…。

  1. 04/05:相模湖
  2. 05/31:牛久沼
  3. 06/21:津久井湖
  4. 08/30:野尻湖
  5. 09/13:新利根川
  6. 10/04:亀山湖

前半3戦に関しては、直前プラも含めて、プラの時間は確保できそうなスケジュール感です。

ただ、

野尻湖戦と新利根川戦の間って2週間しかないんですよ。

そのあとの亀山湖戦も中3週間での開催というスケジュール。

野尻湖に気を取られると、トラウマにもなっている新利根川のプラの時間が一気になくなります…。

後半3戦をどうマネジメントしていくのかがキーになりそうです…!

 

H1GPXシーズインに向けて

要はですね、

苦手なフィールドを何とかせい!

ペア組めなかったら野尻湖は諦めろ!

みたいな、個人的課題を書き留めておく、備忘録ですね今日は。(笑)

大げさなタイトルを付けてみましたが、要はそういうことです…w。

 

しっかりと準備を進めつつ、望みたいと思います!

まさに引越し準備と称して、レンタルボートセッティングのスマート化を練っております!(笑)

 

たまにはこういうライトな記事も、今年は書いていければと思います!

(今日出た課題は死ぬほど重いのですが…w)

 

ペアは諦めろや!独りで出て辱めを受けてみてはwww?野尻湖こんなイイところですぜ!みたいなご意見は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!


最後までお読み頂きありがとうございます。


TwitterFacebookInstagramもやっています。
いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。
そして励みになります!(何よりも嬉しくてテンション上がります!w)

アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!

Ready?


▼自己紹介的な記事はコチラ↓

▼実は2020年3月号のBasser誌に、当ブログが掲載されました!↓

▼愛用するレジットデザインのロッドセッティングなどについて書いています↓

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。