【ドカット収納術】レンタルボートスタイルのバスフィッシング 収納オペレーションを再考する

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

 

先日はBasser誌に掲載されたことについて書かせて頂きました。

 

 

こちらですが、本当に多くの方に反響頂きありがとうございます!

お世話になったタニガワさんを始め、堀部編集長からもアツきメッセージを頂き、今後の釣りのモチベーションが上がりました!これからもブログを通じてもっと釣りを楽しんで行ければと思います。

 

 

そして今日は久しぶりの収納シリーズです。

現在引越し準備中というのもありますが、いろいろと釣具を整理しております。(整理という名のセッティングを煮詰める作業とも言いますがw)

自分は自称、収納ヲタクであり天気ヲタクです。

来年のH1GPX参戦を考えていることもあり、そんなこんなでタックルの収納オペレーションを見直しています。

今までもレンタルボートやソルトにおける収納術シリーズを書いてきました。

まだ記事には出来てないのですが、愛車であるCX-5のストレージもセンチ単位でDIYしております。(笑)

 

今回のドカットですが、現状のモノでも自分の中では満足できるオペレーションなんですよね。

ただ最近使っていていろいろと思うところもあり…。

今回はそんなドカットを、レンタルボート上でさらに快適にするドカット収納術のファインチューンなお話です。

 

それでは行ってみましょう!

TwitterFacebookInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

ドカットを4700からドカット5000に容量アップ

今までドカット4700を使用してきましたが、一切の不満はありませんでした。

コチラの記事にもあるように、ワーム系を100均のビニールケースに入れて、ハードルアーをバーサス3060に入れて運用していました。

ローテーションの役割を持つタックル類を、すべてこのドカット4700に入れて運用してきました。

シンデレラフィットとまでは言えませんが、結構な量のタックルがキレイに入ります。
これがすべてドカット4700には収納可能
収納力には本当に満足です!

 

ただ、H1GPXに出るにあたり、ハードルアーボックスであるバーサス3060に対し、以下の点が気になるようになって来たんですよね。

  • もう少し持ち出せるハードルアーを増やしたい
  • シャッドやメタルやクランクはもう少しシステマチックに整理したい
  • ビッグベイトも出来ればボックスにひとまとめにしたい

このニーズをすべて満たすボックスが、一つ上のサイズであるバーサス3070だったんです。

ただバーサス3070だとドカット4700に格納することが出来ず、準備の際に運ぶボックスが増えることになります。

 

個人的に、準備の際に運ぶものは1つでも少なくしたいんですよね…。

荷物を極力減らすことを美学としております。(てめーの美学なんざ、どうでもいいですねw)

 

そんな事を悩んでいると…。

ドカット5000×バーサス3070がシンデレラフィットだと言うことを発見したのです!(ただのネットサーフィンからの寸法ですw)

これが本当に気持ち良いくらいのシンデレラフィット!

入れてみてビックリですよ!

もうこの二人はこれ専用に作ったのかと思うくらいのシンデレラフィットなんですよね!

ここまでピッタリだと気持ち良い!

 

ドカットを快適にするためのチューニングとは?

ネオンイエロー、実は大好きな色でもあるのです!

自分がドカットに必ず施しているファインチューンを2つ、紹介したいと思います。

 

ドカットに取っ手を着ける

このサイズの取っ手が1番安定しているサイズ感です。
不意に尻に刺さることもなくw、手もかけやすい!

ドカットって、ノーマルだと結構開け難いんです。(笑)

でもその分ガッチリしているんですけどね…!

なので個人的には、この取っ手を付けてからがスタート、使い始めるのは取っ手を付けてから!

というくらい、取っ手は重要です!

位置はいつも大体アバウトですが、取っ手のサイズを大きくしすぎると、ボート上で座った時に、不意に尻に刺さるという事故が起きますw。

 

ドカットのフタにチェーンを着ける

 

ドカットはバケットマウスのように、蓋が90度のところで止まりません。

なので上記の画像のように、チェーンを付けるファインチューンを施してあります。

 

これ実はチェーンを付ける位置がキモでして…。

ボックス側はどこにつけても大丈夫なのですが、フタ側のチェーンは必ず少しだけ内側に着けるようにしてください。

 

これギリギリのところに付けると、フタを締める際にチェーンが挟まったり外に飛び出したり、一気にストレスフルになりますw。

ゆっくり閉めながら着けたチェーンを見てるとわかるのですが、少し内側に付けることで、チェーンがキレイにボックス内に落ちるように収納されていきます。

 

この状態でデッキとは反対側にフタがバーン!と開いてしまったら、
フタを閉めるためにデッキから降りなくてはなりません…。
トーナメント中だったら相当めんどうですw

そもそもこのチェーンを使ったドカットのファインチューン、

家の中などであればそこまで気にならないのですが、レンタルボート上ではこのチューニングの有る無しは、快適度合いがかなり変わってきます。

 

VS-3070が収納可能になりハードベイトのオペレーションが秀逸に!

このコンパクトさで2段収納が可能!
下段には小さいルアーケースからビッグベイトまで入る優秀さ。

バーサス3070のオペレーションについては、また別記事に出来ればと思っています。(まだ絶賛構築中の、ルアー達が仮住まいですw)

 

ここではバーサス3070のアクセスを快適にするための、ドカット内のファインチューンを紹介出来ればと思います。

ダイソー様のツッパリ棒にホワイトケースはニトリの下着ケースですw
ツッパリ棒が心もとなかったので、ホームセンターでゴム板を手に入れ接着!
ドカットにはまだ接着していないのですが、接着したほうが良さそう…
こんな感じでドカット内のゾーニングがイージーに!
バーサス3070を取り出しても、ワーム類やらがバッサーと倒れることもありませんw
さらにタックルを積みましてもダイジョウブ!

これでハードルアーケースであるバーサス3070と、ワームやその他の小物を入れている100均ケースを分けて格納することが出来ます。

こうすることで、バーサス3070を出してもドカット内がぐちゃぐちゃになりません。

ノンチューンだとワーム達が倒れてきてしまい、バーサス3070を入れることができなくなる、もしくは無理やり入ったとしてもドカットのフタが閉まらずに、イスとしてのロールを失うことになります…。

一見地味なチューニングなのですが、有ると無いとではかなり使用感が変わります!むしろベツモノです…。

これで一気にハードルアーへのアクセスが快適になるので、H1GPXでもダイジョウブ!

H1GPXの際は、ワームが陣取っているところに、PEとフロロを使い分けるためのマルチスプールオペレーションによる替えスプールと、厳選して当日のメインにするルアーを入れるシンプルなタックルケースを置こうと思っています。

▼マルチスプールオペレーションとは何か?↓

 

ドカット5000の収納オペレーションまとめ

改めて見てみると、結構な量が入ってますねw
ここからさらに入れ込むことが出来るスペースが確保されているから驚きです。
  • VS-3070
  • ワームを入れた100均ケース×2
  • フロッグを入れたプラケース
  • ワイヤーベイトを入れたダイワのワレットポーチ
  • スケールやプライヤー、ノットアシストなどを入れた100均ケース
よく使うものは取り出しやすい位置に置きたい性格でして…
なのでハードルアーへのアクセスを良くする必要があったのです。

ここにさらに積み増しを行えるスペースがあります。

なので以下のよく使うものを上に積んでいます。

  • ワームを入れた100均ケース×1
  • リーダー類をまとめた100均ケース

 

これだけのものがすべてキレイに収納することが可能になります。

キッチリ整理されているので、アレどこやったっけ??みたいなことがなくなります。

 

よく、

システマチックに整理されていてスゴいですね!

と言われるのですが、これは自分のウィークポイントの裏返しでもあるんですw。

自分はバスが釣れた後にテンパり癖があり、モノが整理されてないと、本当にあらぬミスを犯すくらいヘッポコでして…。(泣)

あとはモヤシッ子なので、準備の荷物が多いと釣りの前に疲れてしまうという…。(泣)

まぁ、自分のヘッポコバサー話はどうでもいいですね。(笑)

 

今回の収納術、レンタルボートスタイルの方にはぜひオススメしたい収納オペレーションです!

時には優秀なストレージとして、時には移動中やタックルセッティングの際のイスや足場に早変わりします。

そして荷物も減るので、クルマへの積載からボートまでの運搬、家での収納からボート上のオペレーションまで、スマートになるはずです!(たぶんw)

 

レンタルボート上の収納に困っている方がいましたら、是非参考にしてみてください!

▼今までのFMStayGold的な収納術はコチラ↓

▼リチビーの収納術もコチラにありますよ↓

▼ついでの今年のH1GPXについても占っています(デコ予測w)

 

こんな収納もアツい!実はこんな収納グッズ使っています!みたいなご意見は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!


最後までお読み頂きありがとうございます。


TwitterFacebookInstagramもやっています。
いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。
そして励みになります!(何よりも嬉しくてテンション上がります!w)

アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!

Ready?


▼自己紹介的な記事はコチラ↓

▼実は2020年3月号のBasser誌に、当ブログが掲載されました!↓

▼愛用するレジットデザインのロッドセッティングなどについて書いています↓

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。