バッカンどうしてる?海釣りにおけるバッカンオペレーションマニュアル

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

今日は関東は雪が降るなんて言われてますが、どうなんでしょうか?ただ、今年の冬は比較的あったかい気がします。去年が寒すぎたというのもありますが…。

海の向こうのアメリカでは大寒波、地球レベルでの異常環境は、少し心配になります。

今日は海釣り、船釣り、自分はレンタルボートスタイルのバス釣りにも使っていますが、バッカンのお話です。特に海釣りにおいては、この収納をシステマチックにオペレーションを組んで活用しています!

今までいろんなことをテストし、失敗を繰り返した結果たどり着きましたが。(笑)

その分コレ、結構自信あります!

ぜひ参考にしてみてください!

それでは行ってみましょう!

FacebookTwitterInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

シマノロッドレストボートバッグ(ハードタイプ) BK-007R 27Lを使用

出典:SHIMANO

現在はこちらの、シマノ ロッドレスト ボートバッグ 27Lを使用しています。

こちらのバッカンを使用して、海釣りや船釣りを楽しんでいます。基本的にこのシマノ ロッドレスト ボートバッグとクーラーボックス、そしてロッドとリールしか、船には持ち込みません。

荷物を少なくし、必要なものを、いかに快適に入れるか。

ここが一番のキーポイントになります。

それでは見てみましょう。

これはシーバスジギングの時のタックル達です。

コツはそれぞれのツールのゾーニングにあります。どんなツールをいつ出し、いつ使うのか。

釣り後に洗うことも考えてオペレーションを組むと、驚くほど快適になります。

ちなみに入れるツールの例は以下になります。シーバスジギングの時を例にします。

  • メタルジグ
  • リーダー
  • フック類
  • プライヤー
  • フィッシュグリップ
  • ラインカッター
  • 締めハサミ
  • ノッター
  • タオル
  • ジップロック
  • 防寒着
  • ライフジャケット

このあたりがシーバスジギングにおいて、ノーマルで入っているものでしょうか。

これらをきちんとゾーニングして収納することで、釣りに行くたびに釣り物が変わろうとも、準備は一瞬で終わらせることが出来ます。そして釣り後の片づけやタックル洗浄も一気に楽になりますよ!

シマノ システムケース を活用してオペレーションを組む

まずは、持ち物やツールの仕分けを行います。さっきのシーバスジギングの持ち物例を見てみましょう。

  • メタルジグ
  • リーダー
  • フック類
  • プライヤー
  • フィッシュグリップ
  • ラインカッター
  • 締めハサミ
  • ノッター
  • タオル
  • ジップロック
  • 防寒着
  • ライフジャケット

これらの持ち物で、釣り物ごとに持っていくものと、釣り物が変わろうとも持っていくものに仕分けます。上記であれば以下のようになります。

■シーバスジギングだから持っていくもの

  • メタルジグ
  • リーダー
  • フック類

■釣り物にかかわらず持っていくもの

  • プライヤー
  • フィッシュグリップ
  • ラインカッター
  • 締めハサミ
  • ノッター
  • タオル2枚
  • ジップロック
  • 防寒着
  • ライフジャケット

これらのうち、釣り物ごとに変わるものを、シマノ システムケース L に入れます。

釣り物によってシマノ システムケースL を用意し、基本タックルを分ける

自分は以下のように3種類に分けて使っています。

  • エサ釣り全般
  • タイラバ
  • ジギング

これ実は結構便利で、釣り物が変われば、このシマノ システムケース L を入れ替えるだけで準備が終わるんですよ。そして「あれどこいった?これどこだっけ?」みたいな釣り準備迷子にならなくなりました。(笑)

エサ釣りシステムケース例

エサ釣りボックスの中身はこちら。小物、オモリ、ハリスに分けています。
それをこんな感じに収納。上から見て、何がどこにあるかが一目瞭然。

タイラバシステムケース例

タイラバだけ別ケースですが、最近は使用するものだけ入れていきます。

ジギングシステムケース例

シーバスとタチウオを兼用で使用しています。これはシーバス仕様ですね。
こんな感じにスッポリと収納!

共通するものもゾーニング!釣り後に洗うことを意識するとさらに快適!

あまり使わないものはバーサスのボックスに入れてしまいます。
必ず洗うものは、ダイワのメッシュバッグを使用。釣りの後はバッグごとざぶんと洗える!小さいメッシュバッグはリアルメソッドのもの、使用したメタルジグをそのまま入れます。
すべてまとめることが出来ます。水道があったら帰る前に簡単に流します。釣り後はバッカンの外にくくりつけることが出来るので、バッカンの中も汚れません。

バッカン内のゾーニングも大事!

ここまではツール自体のゾーニングの話でした。

ここからは、最後はゾーニングしたものをバッカン内に入れていきます。この際、入れる順番や位置が大事になってきます。

これらを入れる順番や位置が大事になってきます。
まずはツールをまとめているボックスを底に入れます。あまり使わないもの中心なので底でOK。
メインボックスとなるシステムケースを入れます。この位置が取り出しやすい。
船に乗ったらすぐに取り出すツール類はメッシュバッグごと入れます。ピッタリ!
安全地帯となる上蓋ケースを乗せて完成!

スペースを残し、食料や防寒着をIN!

シマノ システムケース L の入っていない側、タオルの上はごっそり空いているので、そこに防寒着やライフジャケット、時にはコンビニ飯やお弁当、水筒だって入れることが出来ます。

この余白があることで、不意に何か荷物が増えた場合も、バッカンオペレーションを崩すことなく運用できます。

自分は大体以下のものを入れています。

  • ライフジャケット
  • 防寒着予備
  • 水筒
  • 食料

ここまで入れると、だいたいバッカンがキッチリいっぱいになりますね。本当はもう少し余裕が欲しいので、32Lのバッカンが欲しいです。(笑)

海水の入らない安全地帯を作る、コレ大事

これ海釣りでは大事だと思っています。

シマノ ハードスライドインナートレーという、バッカンの上にかぶせるケースが便利です。

キレイなタオルやお手拭きなどをIN スマホなどもここに入れておきます。夏のコパトーンもw

ここは水に濡れたらまずいものを入れています。コパトーンは濡れてもいいものですが。(笑)

釣りの後に、キレイなタオルが一枚あるだけで、帰りの車や電車が快適になるので、必ずここに1枚忍ばせます。

あとは地味に便利なのがジップロックのフリーザーパック。

これは水をシャットアウト出来るので、濡らしたくないものはもちろんなのですが、濡れたものを収納するというイレギュラーなシチュエーションに役に立ちます。常に予備を入れているくらい愛用しています。SサイズとLサイズが使いやすいですね!

釣り具の整頓は釣果に直結する!?

自分は釣果に直結すると思っています。

釣りの際に、イレギュラーは必ず発生します。そんな時、タックルが整理整頓されていれば焦ることはありません。

焦ることがなくなればタイムロスがなくなり、次のキャストや仕掛けの投入につながります。結果キャスト数や仕掛けの投入数が増えることになり、確率論的に釣果は上がる、自分はそう考えています。

釣りは限られた時間の中でやることが多いです。乗合船には沖上がりの時間があり、バスフィッシングにおいても、レンタルボートの利用時間があります。

そして一度釣りに出てしまえば、長時間過ごすことが多いです。そんな至福の時間を以下に快適に過ごすことが出来るか、自分はこのタックルの整理整頓がカギになると思っています。

このバッカンシステム、結構快適ですよ。(笑) 気になる方は、是非試してみてください!

 

▼ドカット5000のファインチューンはコチラ↓

 

こんなやり方もいいよ!試してみたらよかったです!みたいなご意見は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!

▼今日紹介した商品はこちら↓


最後までお読み頂きありがとうございます。


TwitterFacebookInstagramもやっています。
いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。
そして励みになります!(何よりも嬉しくてテンション上がります!w)

stand.fm始めてみました!声でも釣りや普段のことをお送りしています!



アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!

Ready?


▼自己紹介的な記事はコチラ↓

▼実は2020年3月号のBasser誌に、当ブログが掲載されました!↓

▼愛用するレジットデザインのロッドセッティングなどについて書いています↓

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。