レンタルボートのバスフィッシングにおける雨対策を考える【レインウェア編】

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

 

日曜日はH1-GPXのSNS界隈の様子を見ながら過ごしていました。

タフな中でも釣ってくる皆さん、さすがです!亀山ダム戦は自分も出られるといいな。

そしてそんな中、LEGITDESIGN(レジットデザイン)さんのオーナーズミーティング in 亀山湖が発表されましたね!

これはなんとしてでも行きたいです!

今から予定をフルパワーで空けて備えます。前日から亀山湖に入ろうかななんて考えています。つばきもとさんあたりに宿泊して。

ただ、申し込み方法などはこれからとのことなので、続報を待ちましょう!

 

今日はレンタルボートのバスフィッシングにおける雨対策の第2弾、レインウェア編です。

レインウェアの細かいものは以前まとめたので、そちらを参考にして頂けると。

今日はなんでそもそもレインウェアが必要なのか?そのあたりをお話出来ればと思います。

▼レンタルボートのバスフィッシングにおけるレインウェアまとめ↓

▼レンタルボートのバスフィッシングにおける雨対策の第1弾はこちら↓

 

それでは行ってみましょう!

FacebookTwitterInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

バサーは雨の日大好き!?

また入り口はその質問からなのかと。(笑)

 

うーん。

 

これは実際にどうなんでしょうかね。

 

個人的には雨の日は大歓迎なんですよね。

バスフィッシングは変化を読み取りに行くスポーツだと思っています。決して同じ状況やシチュエーションはないわけで。

よく雑誌にシーズナルパターンのことが書いてありますが、あれは本当に尊敬します。

雑誌の発売日に合わせて、通常のアングラーよりも1ヵ月以上も早い段階で、発売日付近のシーズナルパターンを成立させにいくのですから…。

 

話が逸れました。(笑)

 

要は、雨はバスフィッシングにおける、強烈な変化をもたらすファクターなんですよね。特にいきなりの雨はフィールドに変化をもたらしてくれます。

自分の場合、あまりスキルが高くないうえに、バスフィッシング的な仮説思考をうまくありません。(笑)

なので、雨のようなわかりやすい変化は大好きなんですよね。

そして今までのパターンもリセットされる気がするので、皆さんと同じスタートラインに立てるのでは?と錯覚しています。(笑)

こんな感じもあり、雨の日は大好きです!(なんのこっちゃいw)

雨の日対策、レインウェアの充実は欠かせません

これは間違いないですね。

以前自分が使用するレインウェアをまとめていますので、読んでいただければと思います。

▼レンタルボートにおけるレインウェアまとめはこちら↓

 

体を雨から守るというのもそうですが、重点を置いているのは、

手と足からの雨水の侵入を防ぐ

これに尽きます。

体をいくら高価なレインウェアで守っていても、手首足首をおろそかにすると、余裕で雨水たちは侵入してきます。(笑)

このアクアテクト リストバンドがあるとないとでは、雨の日の快適さが全然違います。
レインウェアって足首が出るんですよね…。このアンクルカバーをしておけば防ぐことが出来ます。

この手首や足首から、つつ~~っと水に侵入されると、それはもう、情けない声が出てしまうわけですよ…。

 

ぁ、ぁ、ぅ、ぁぁ~…、ぇぃぇぁ~~~~。

 

こんなやつですね。(笑)

完璧に防御しているにも関わらず、雨水に侵入を許すと、なぜか負けた気分になり、メンタルを持って行かれますね。

なのでレインウェアをきっちりと着こなして、雨の日の快適さをてにいれるということは、どんな悪条件の天気でも、最低限のメンタルを維持することに繋がります。

体を濡らしすぎると極端な体温低下を招くことも…

これは今シーズンすでにやってますね。(笑)

そもそも春爛漫を意識しすぎて、薄着で行き過ぎているのもありますが…。

一回は朝一に三島湖は房総ロッヂの桟橋で、片足を豪快に入水しました。

気温が上がらず、雨も降ってきて、北風MAXだったので、あれは本当に寒かったです。

 

科学的なテクノロジーは専門的な方に任せるとして、体を濡らしっぱなしにすると、その水分が乾いていくときに、ガンガン体温を奪っていきます。

俗にいう、気化熱ってやつですかね。

夏の吸水速乾素材なんかは、このテクノロジーで涼しく出来ています。

ただ、これを早春のまだ冬の香りが残る日にやる必要は一切ありません。(笑)

 

この体温低下は、一番メンタルを持って行かれるかもしれません。

さらに自分はお腹が弱いのでなおさらです。釣りの時の腹痛の心配ほど、メンタルを破壊する要素はないですからね。

前日のご飯の量を気にするくらい、お腹よわコです。(笑)

 

ということで、(どういうことでw?)

せっかく釣れるかもしれないという可能性に満ち溢れた雨の日、

普通の人なら心の折れるような雨の日、(釣りしない人からしたらキ〇ガイw)

そんな日においても、メンタルを普通の日と同じように保ち、平常心で釣りをするためにも、レインウェアを充実させて、これからの雨の日シーズンに備えましょう!

 

もっといい雨の日グッズあるで!いやレインウェアといったらコレが欠かせない!みたいなご意見ご質問は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!

 

それではこの辺で。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!

Ready?

FacebookTwitterInstagramやっています。

いいね、フォローしていただけると、とても励みになります!(←最新情報も受け取れます)

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。