高橋洋一さん 片倉ダム実践型講習会 に参加してきました!

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

もしかしたら、今日仕事納めの人も多いのではないでしょうか?

年の瀬感が満載になってきましたね!

大掃除やらな…w。

 

今日は先日参加させて頂いた、片倉ダム実践型講習会の模様をお伝えします。

 

当日は出来たてホヤホヤのFMStayGoldステッカーを持参させて頂いたのですが、笹川ボートのノリさんの進言もあり、ボートハウスのドアの最下段にステッカーを貼らせて頂きました。

 

そして講習会の内容は、 

数々の金言が飛び出す、最高に楽しい講習会でした!

一体どんな講習会だったのでしょうか?

 

それでは行ってみましょう!

TwitterFacebookInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

 

片倉ダム実践型講習会 とは?

https://twitter.com/konatu72/status/1200429940098777088?s=20

もしかしたら、自分なんぞがわざわざ書かなくとも説明不要かもしれません。(笑)

房総の虎こと、高橋洋一さんが主催する、実践型のバスフィッシング講習会になります。

今回が第2回になるのですが、前回の模様はルアマガさんのご協力もあり、YouTubeで誰でも見ることが出来ます!

ルアマガチャンネルはコチラ

 

 

実は第1回は自分は参加できず…。

次の機会があったら絶対に参加したいと思っておりました。

 

そんなある日、、、

https://twitter.com/konatu72/status/1193730872907726848?s=20

これを見た瞬間に、T(妻)ポイントをすべて注ぎ込み、釣行日の申請を行いましたよ!(笑)

行けることが決まった時は、無駄にガッツポーズをしたのを、今も昨日の事のように覚えています。(嘘w)

とにかく、この濃い内容を当日に、しかもライブで聞けることが本当に嬉しかったのです。

 

気になる講習会の内容は、、、濃いの一言!

というわけで、当日の内容をイチからジュウまで、、、

いや、イチからヒャクまで、隅から隅までお伝えしたいのですが…。

これは参加者の特権ということで。(笑)

そもそも自分レベルが語れるほどの内容ではないです正直…!(普通に間違えそうですw)

 

参考までに、頂いたレジュメの内容を掲載させて頂きます。

 

  1. 考えの起点となるのはスポーニングエリア
  2. 晩春~秋におけるフィーディングエリアの考え方
  3. ハイシーズンのフィーディングタイムを捕まえる
  4. 釣ったバスからの見えるそのエリアに生息するバスの状態
  5. スポーニング後におけるハイシーズンに向かうオス・メスの行動考察
  6. エリアから考察する居付きバスと回遊バスの捕まえ方
  7. 1つの湖を解体考察し、細分化して絞りこんでいく先で見えてくるもの
  8. ルアーの軌道から考える着水点から離水点までのプロダクティブゾーンと効率
  9. キャスティングコントロールとレンジコントロールの重要性
  10. 質疑応答

 

講習の途中で高橋さんが

「ただの釣り方の話じゃ意味がない」

と仰っていたくらい、当日はシーズン毎のバスのポジション、その後の行動に至るまで、バスを見つけるにはどうすればいいのか、という内容に特化していました。

そして季節をブツ切りにするのではなく、フィールドを俯瞰しバスの行動を点でなく線で捉えることに特化していました。

ここまでバスの行動を具体的に解説してくれることって、今までの釣り人生の中にはありませんでした。

それくらい、次々と金言が飛び出していました。

特に響いたのは言葉は、

バスフィッシングは確率論

うん、これものすごく、激しく同意でした!

 

そして特におもしろかったのが、タイドグラフからみるバスの行動です。

 

▼釣りにおいてタイドグラフは大事!そんな時計ならこちら↓

 

家に帰って、試しに今までのバスの写真を見返してみたんですよね。

あれってだいたい撮影の時間から釣れた時間がわかるじゃないですか。

その中でも、明確にシチュエーションやポイントのわかるバスの写真の時間と、その時のタイドグラフを重ねてみると、、、

 

もはや納得感しかなかったです!

 

 

何がw!?

 

ってなりますよね。(笑)

 

気になってしょうがない、そう思った方!(そーでもないかw)

ぜひ次回は参加してみてください!

そして遠方の方でも大丈夫です!

今回もルアマガさんによる動画撮影が入ってましたので、おそらくアップされるはずです!

そちらを欠かさずチェックしてみてくださいね!

 

ミニトーナメントもあるよ!

講習会が終わった後は、3時間ほどのミニトーナメントが開催されました。

今回の講習会の受付が9時45分ということもあり、皆さん気合いが入っており、しっかりと朝イチに釣りをされていた模様。

 

自分はというと…

 

 

受付直前に準備が終わるというw。

前日の帰りが遅く、準備が終わったの時間がまぁまぁなミッドナイトだったこともあり、朝イチフィッシングの方々が続々と帰着する中、重役出勤をキメておりましたw。

 

実はこのスケジュールにも、高橋さんのこだわりが詰まっておりました。

 

朝イチ釣りをすることで、フィールドのリアルを感じてほしい。

そのうえで講習を受けて頂き、ミニトーナメントで実践してみてほしい。

 

 

・・・。

 

 

重役出勤してしまったオレはどうすれば…

涙目になったのはナイショですw。

 

 

 

あー。

 

 

 

気づいてしまいましたか?

 

 

 

ミニトーナメントの項なのに、なんで釣りの話が出てこないんだと。

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

 

違ったw。

(テメーの遠影と漂流フラグはどうでもいいですねw)

 

 

 

 

デコってはないですよ!

 

 

 

 

・・・。

 

 

なんで7mのブレイクにこの娘がいるのかな…。

 

 

ただ、このミニトーナメント。

結果はかなりスキャンダルでした!

 

 

 

 

ここでは多くは語りません。

ぜひ詳細はYuuさんのブログまで↓

 

デキる漢やで…!

カッコいい漢やで…!

ダンナ様としても素敵すぎるで…!

 

たくさんの協賛品が…!?

重役出勤して、ギルしか釣れないゴミクズな自分でも、こんなに商品を頂けるほど、協賛品の山がすごかったです。

優勝のYuuさんは、未精米の米を30キロ頂いていましたからね!(半年はもつとかもたないとかw)

自分が頂いた以外にも、様々な協賛があり、本当に盛りだくさんでした!

頂いた商品は、ぜひ今後のブログ内の記事で紹介させて頂ければと思います。

個人的には、KAESUさんのISANAは気になっていたルアーだったので、めちゃめちゃ嬉しかったです!

片倉ダム実践型講習会 まとめ

本当に参加してよかったなーって思ってます!

今まで自分が、いかにアバウトにバスを探していたのか、ポイントやシチュエーションを絞り込んでいたのか、痛感せざるを得ませんでした。

今まで釣れたバスは、全部マグレだったのでは…!?(泣)

と思い悩むくらいでしたw。

これを機に、もっとバスフィッシングを勉強していきたい、うまくなりたいと思う、大きなキッカケになったことは、言うまでもありません。

  

そして今回、SNSは主にTwitterでの告知だったこともあり、普段このブログやTwitterを通じて交流させていただいている方々とお話出来る機会もたくさんあり、お昼ゴハンタイムの時はオフ会みたいになってましたねw。

 

もし次回も開催されることがありましたら、FMStayGoldとしても、オフィシャルで協賛させて頂ければと思っております!

何かお手伝い出来ることがございましたら、何なりとお申し付け頂ければと思います。

 

この度は、本当にありがとうございました!

高橋さん、ぜひ今度釣りをご一緒できることを楽しみにしております!

 

次回は参加したいです!どうやってディープでギル釣るんですか?みたいなご意見は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!


最後までお読み頂きありがとうございます。


TwitterFacebookInstagramもやっています。
いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。
そして励みになります!(何よりも嬉しくてテンション上がります!w)


アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!


Ready?

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。