同船釣行のススメ。真夏の豊英ダムにたかはしバスブログのたかはしさんと行ってきた話。

こんにちは。

フィッシングパーソナリティのKaz(@kaz_sgf)です。

ものすごく久しぶりの更新になってしまいました。

最近ブログ執筆のサイクルが変わってしまい、なかなか記事化出来ていないのが、もっぱらの悩みです。

お休みの日で空いている時間は、なるべく釣りへ、現場に出たくなってしまうという。(笑)

あくまで釣りを楽しくするための、いちhowがこのブログなので、それでいいのかなと思っています。

ただ、全国に数人はいるかもしれない、更新を楽しみにしている読者の方には、非常に申し訳なく思っています。(いねーよってツッコミ、お待ちしていますw)

こんなFMStayGoldですが、これからもお付き合い頂けると幸いです!

 

さて、今回は先日のレジットデザインオーナーズミーティングでお会いした、たかはしバスブログ(https://takahashi-bass.com/)のたかはしさん(Twitter@takahashi_bass)と、初めての同船釣行@豊英ダムに行ってきました。

たかはしさんの人柄もあり、終始ほんわかした雰囲気の、非常に楽しい釣行になりました!

今日はそんなお話です。

 

それでは行ってみましょう!

TwitterFacebookInstagramやっています。 いいね、フォロー頂けると最新情報をお届けできます。そして励みになります!

きっかけはお会いした時のお話

一番はじめのきっかけは、レジットデザインオーナーズミーティングで実際にお会いしたことでした。

 

それまではお互いのブログやTwitterを通じてお話するだけでした。

本当はオーナーズミーティング以前に、自分が戸面原ダムに行ったとき、同じフィールドで釣りをしていたにも関わらず会えずに終わってしまったり…。

 

今回やっと巡りに巡って、念願叶った釣行だったんです。

そして実は、ブログを始めた日が同じで、ブログ同期でもあります。(Kazが勝手に同期同期!って騒いでいるだけというウワサもw)

そんなこんなで、一方的に親近感を持っていました。(笑)

  

フィールドは豊英ダムに決定

個人的にご一緒する日は、会話を楽しみたいと思っていたので、場所はどこでもよかったのですが、

 

たかはし「あまり行ったことがない豊英ダムがいいです!Kazさんが良い釣りしているイメージがあるので!釣りを見せて下さい!同船します!」

 

と、シャレにならないくらいのプレッシャーが…。(笑)

産まれてこの方、釣りを人に見せるなんてことをしたことがありません。

 

うーん。

 

自分のへっぽこな釣りを見ても、得るものなど疲労感しかない気が…。

 

この日は自分が午後に予定があり、11時30分には上がらなくてはならないとお伝えしても、

 

たかはし「半日釣行大好きです!」

 

と応えてくれるナイスガイです。

 

そんなやりとりもあり、フィールドは豊英ダムに決定。

 

ただ、真夏の豊英ダムは苦手意識しかなく…(泣)

この記事でも書いているのですが、早春から梅雨くらいまでが個人的には一番おもしろく、得意としています。(盛大な言い訳w)

というわけで、ピーカン真夏の豊英ダムに挑みます。

 

いざ当日、ピーカン続きの豊英ダムの状況は?

5時過ぎに現地に着きましたが、すでに準備段階で汗だくになるようなコンディション。

こんな日が連日続いているということで、相当バスも夏バテのはず…。(笑)

前日にストロングスタイル宣言をしたことを激しく後悔し始めます…。

そもそもスピニングはすべてPEラインセッティング、ベイトフィネスは家に置いてくるという。(笑)

そもそも持ち込んだベイトタックルもMパワー以下がない…。

そんな真夏のコンディションである豊英ダム、当日のスタメンはこちら。

WSC65MH×コンツアージグ 1/2oz ジグスト

ジグストもワークするようになってきたので、インプレをリライトしたいな。

WSC63H×カバーフィッシング

先日殉職したWSC63MHの代わりに、黄色いお店で見つめられているのを発見し購入、この日が初陣でした。

WSC64XH×NZクローラー

そろそろ使い込みレベルが上って来たので、インプレを書きたい今日この頃。

フォロワーさんからも質問があったのですが、NZクローラーでもサイドハンドで全然振り抜けます。カタいオモいルアーは何でも任せられるヘビーバーサタイルロッドです。レジットデザインの飯高さんが、重いルアーをキャストし続けるGTロッドをプロダクトコンセプトにしたという話は本当に納得。

▼GTロッド!?元ネタはこちら↓

WSC63M×スイムベイト

ジグストの保険w

WSS61L×野良ネズミ

これもそろそろ使い込みレベルが上ってきたのでインプレを書こうと思います。

ノーシンカー用に導入したにも関わらず、野良ネズミスティック化しているという…。

ノーシンカー用にWSS59UL+が欲しい。(切実)

WSS-ST65L×野良ガエル

言わずもがなの名(迷)コンビw。

 

自分で言うのもアレですが、持ち込みラインナップが相変わらず偏ってますね…。

 

対するたかはしさんのタックルを見ると、スピニングもきっちり積み込まれています!

もうこの時点で、自分の持ち込んだタックルラインナップに後悔しかありませんでした。(笑)

そんな中、いざスタートフィッシング!

 

そしてスタートフィッシングするも…

普段であれば、

さーて、ガッツリ釣りを!

となるのですが、この日は楽しい楽しいタンデム釣行。

気づいたらキャストせずに話し込んでいる場面がちらほら。

傍から見たら、

「キャストもせずに何をしているんだあの二人は…。」

と怪しさ満載のボートになっていたかもしれません。

  • 今までどんなロッドを使って来たのか?
  • 今までどんな場所で釣りをしてきたのか?
  • 住んでいるところは?
  • 職場は?
  • マニアックストーナメント5位入賞おめでとうございます!by Kaz
  • マニアックストーナメント出ましょうよ!!by たかはしさん
    • 次戦亀山ダム戦にエントリーしました!
  • 嫁の機嫌を取って釣りに行くには?by Kaz
    • 次の豊英ダムもよろしくお願い致します!
  • DCって近距離戦に弱いですよね?by たかはしさん
    • 悪魔の囁きに…アンタレスをポチったきっかけw

などなどなど。

いろんなことを話しながらボート尾流していくものですから、気づいたら釣りそっちのけになるんですよね。(笑)

「今日はお話しにきたんです!」とたかはしさん。

うん、ミートゥーです。(笑)

エレキ踏むのも忘れて、後ろ向いて話していたくらいですから。(笑)

 

イチャイチャしているうちに、目的のポイントに到着。

自分がカエルを投げるフェイバリットポイントにしている場所です。

ここまで道中でも、たかはしさんの野良ネズミには数回チェイスがあったため、ピーカンだけど水面は行けるだろうと、個人的には読んでいました。

 

そもそもKazのジグストにはカスリもしなかったですから…。(泣)

 

でも、なかなか水面に出てくれません…。

自分も本命のカエルを投入しますが無…。

ここでポンコツガイドKazは一気に焦ります。(笑)

 

なんとかジグストでグッドコンディション確保

水面に出きらないということは、やはりレンジが1段下なのかと、ジグストタックルを手にします。

ジグを沈め気味に岩盤にキャストし、ジグストを開始。

その数投後でした。

カーブフォールで一気に持って行かれるアタリが!

▼ジグストを考える、元ネタはこちら↓

この記事でいうところの、3番目のパターンですね。

心優しいたかはしさんにネットランディングを手伝って頂き、なんとかキャッチに成功!

ネットインした時は、口と頭の大きさから、40アップ後半50アップ行ったか??と話していましたが、長さはそこまでなく40up、ただウェイトは1,180gのグッドコンディションでした。

やっぱりアタマと口がデカい!

ここで重大な事に気づきます。

まさかのガイド役が先に釣るという失態の事実に…。

たかはしさんからは、

「普通に釣りして下さい!釣り見たいです!」

という優しいお言葉を事前に頂いていたのですが、まさかの自分がファーストキャッチというへっぽこガイドぶりを露呈しました…。

 

ただ、ひとつだけファクターが特定出来た気がします。

 

水の良い場所、流れが少しでも発生する場所

 

この時はまだ半信半疑でしたが、このファクターが後のたかはしさんの連発劇に繋がります!

 

当日の釣れるファクターを特定!たかはしさんの連発劇!

上流に行くか、本湖に行くか。

風が吹いてきたこともあり、流れの当たるであろう本湖の岩盤を目指します。

その道中でした。

途中に流れの発生している、水の比較的きれいな範囲があったんですよね。

たかはし「なんかここの水、良さそうですね〜」

と、次の瞬間でした。

あっさりと1匹目をゲット!

「サイズが〜・・・!」

なんて言ってましたが、狙い通りに釣り上げるのはさすがです!

そして数分後にも、

共にノーシンカーのフォーリングでゲット!

写真で見てもわかるのですが、水が本当に良い状態だったんですよね!

たかはしさん、ここで3本釣ってリミットメイクしてました。

この水の状態を読み切って、すぐ結果につなげるところがさすがです。

私も同じパターンで、あっさり1匹ゲット…。

どっちがガイドなんだと。(笑)

まさかの自分がガイドされるという失態その2…。

どれだけ状況読むのが下手なのかと痛感させられました。(泣)

 

ただ、サイズを出す、サイズを選んで釣ることに苦戦をしたまま、タイムアップの11時30分を迎えてストップフィッシングとなりました。

 

同船釣行のススメ。

今までフィールドでお声がけを頂いたり、お話をしたり、おかげさまでブログを始めてから多くの方々にお声がけ頂くことが多くなりました。

それもそれで楽しかったのですが、今回はブログを始めてから初めて釣行を共にさせて頂きました。

そして自分にとっては久しぶりのバックシートに人を乗せての釣行でした。

一言でいうと、

めちゃくちゃ楽しかった!

 

ご一緒させて頂いた、たかはしさんの人柄もあると思うのですが、終始和やかな雰囲気で釣りをさせて頂きました。

新調したネットをポロリしてバタつく図w
のび太浮力体メソッドで助かりました…。

単独釣行の際は、どうやったら釣れるのか、正解にたどり着けるのかと、あれこれ考えながら釣りをすることが多いです。

今回は、なんにも考えずに釣りをしていたといったら語弊がありますが、y単純に会話を楽しみながら、純粋に釣りを楽しめたと思っています。

ご同行頂いたたかはしさん、改めてありがとうございました!

今回のガイド失敗に懲りずに、またご一緒できると嬉しいです!

 

のび太さんも募集されている!w

 

今回のたかはしさんとの同船釣行を通して、本当に釣りって楽しいなって感じる事ができました。

なんかいろんな人と釣りに行きたくなってきました!

こんなヤツでも良ければ、いつでもお誘い下さい!

喜んで同行させて頂きます!

何卒よろしくお願い致します!

 

ガイド失格だな!ガイドしてやろうか!??ジグスト万歳!カエルはどこ行った?みたいなご意見は、ぜひTwitter(@kaz_sgf)まで、ツイートでもDMでも大歓迎です!

 

それではこの辺で。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

アナタの次の釣行が、輝くモノになりますように!

Ready?

FacebookTwitterInstagramやっています。

いいね、フォローしていただけると、とても励みになります!(←最新情報も受け取れます)

記事が気に入りましたら、シェア頂けると励みになります!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    FMStayGoldフィッシングパーソナリティのKazです。 横浜育ちの1981年4月生まれ。今も横浜に住んでいます。 24時間四六時中、釣りのことばかりです。(笑) バスフィッシングを中心にソルトのオフショアフィッシングまで「釣り×釣り×WEB」で釣りをもっとおもしろく! バスフィッシングは房総リザーバーを中心に、レンタルボートスタイルで、ソルトは東京湾を中心に、エサ釣りからライトジギングからタイラバまで。健康に、安全に、おいしく釣りを楽しんでいます。